スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大事な人と指輪

女という生き物はこんな小さな物一つで何でこんなに喜ぶんだろうね。

ハルヒは先ほど俺がプレゼントした指輪を右手の薬指にはめて、太陽に見せ付けるかのように腕を伸ばし眺めている。
「喜んでくれてるのは光栄なんだが、いつまでそんなことやってんだ?」
キラキラと光る薬指をいつまでもニコニコと眺めているハルヒに声をかける。
「えへへー、いいじゃん。だって嬉しいんだもん」
そこには太陽にも負けない笑顔のハルヒがいて
「これは特別。だってあたしはキョンの大事な人なんだよ、ってことなんだもん」
とんでもなく嬉しいことを言ってくれた。
「だから今度はあたしがキョンにプレゼントしてあげる」
そう言ってハルヒはリングのはまっている右手を俺の左手に絡めてきた。

小さなリングで大きな幸せね。
なんて柄にもない事を考えてしまったのはハルヒには秘密である。

Utility

ABOUT

R254

Author:R254
掌編のみのテキストサイト。
ノーマルと腐が同居。
開店休業中です。

CONTENTS

■INDEX
■涼宮ハルヒの憂鬱 ■サイトについて
■オフライン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。